So-net無料ブログ作成

<姶良市長選>笹山氏が初当選 鹿児島(毎日新聞)

 旧加治木町、旧姶良町、旧蒲生町の合併に伴う姶良市長(鹿児島県)選で旧加治木町長の笹山義弘氏(57)が初当選。旧姶良町長の城光寺俊和氏(65)を破る。投票率は68.69%。

 確定得票数次の通り。

当21182 笹山 義弘=無新<1>

 19132 城光寺俊和=無新

5か月長女を壁に投げつけ…無職母親を逮捕(読売新聞)
地方への逆流 韓国、法科大学院の誕生で(産経新聞)
<温泉>鉱石入れても濃度基準下回る ネット通販商品テスト(毎日新聞)
<訃報>山村若晴司さん67歳=日本舞踊家(毎日新聞)
悪天候で帰還1日延期=山崎さんのシャトル(時事通信)

妻「悲しみ、言葉にできない」=15年来の同僚、カメラ手に涙−ジャーナリスト銃撃(時事通信)

 タイで反政府デモを取材中に死亡したロイター通信カメラマン村本博之さん(43)の遺体に付き添って帰国した同社日本支局シニアプロデューサーのオリビエ・ファーブルさん(42)は13日、成田空港で記者会見し「あまりにも悲しみが大き過ぎ、うまく言葉にできない」との村本さんの妻恵美子さんのコメントを涙ぐみながら代読した。
 ファーブルさんは15年来の同僚。村本さんが亡くなる直前まで使っていたテレビカメラを抱え「彼は『レンズを通して伝わるものがある』といつも言っていた。仕事熱心で、プロフェッショナルだった」と振り返った。
 バンコクでは、恵美子さんら家族とともに遺体に対面。「取材が続いたため、無精ひげで日焼けした顔だったが、表情は安らかで眠っているようだった。出発前と変わらない顔だった」と沈痛な面持ちで語った。
 一緒に対面した恵美子さんは幼い娘2人に「ここでパパが仕事をしていたんだよ」と誇らしげに話していたといい、「耐え難い苦しみを受け止め、頑張っていた姿を見ているのはつらかった。2人の娘さんはパパのことが大好きだったと奥さんも言っていた」とうつむいた。 

盛岡ごみ処理場、二審も談合認定=JFEに9億円超の賠償命令−仙台高裁(時事通信)
鴻臚館跡事務所火災 連続放火の疑い 付近で5件の不審火(毎日新聞)
ホームセンター駐車場で4歳、車にひかれ死亡(読売新聞)
宝塚音楽学校 タカラジェンヌ卵たちが第一歩…入学式(毎日新聞)
被爆マリア像 欧米の巡回展示へ…長崎を出発(毎日新聞)

土門拳賞 鈴木龍一郎氏に表彰状など贈られる(毎日新聞)

 第29回土門拳賞の授賞式が8日、東京都千代田区の学士会館で行われ、受賞者の写真家、鈴木龍一郎氏(67)に、毎日新聞社の長谷川篤・取締役コンテンツ事業本部長から表彰状と記念ブロンズ像「少女」(彫刻家・佐藤忠良氏制作)と賞金が贈られた。

 受賞作は「RyUlysses リュリシーズ」(平凡社)。小説「ユリシーズ」(アイルランドの作家ジェームズ・ジョイス著)の舞台であるダブリンの街の息遣いを、パノラマカメラで精密に再現したことが評価された。

 式には故土門拳氏の長女で山形県酒田市の土門拳記念館館長、池田真魚さんら約100人が出席し、鈴木氏は「大学時代に初めて買った写真集が土門氏の著書だったので、今回の受賞は感慨深い。最近改めて写真の面白さ、奥深さに気づかされた。明日からも倦(う)まずに撮ろうと思う」と喜びを述べた。

 受賞記念写真展は、東京・銀座ニコンサロン(4月28日〜5月11日、日曜・祝日休館)、大阪ニコンサロン(6月3〜16日、水曜休館)、土門拳記念館(7月28日〜9月28日)で開かれる。

<土門拳賞>鈴木龍一郎氏に表彰状など贈られる(毎日新聞)
大量不合格の都立高定時制、300人追加募集(読売新聞)
逆流防ぎ、エネルギー効率生産=細胞内の酵素、新薬に応用も−兵庫県立大(時事通信)
「赤旗」配布無罪 東京高検が上告(産経新聞)
<所得隠し>元朝青関主治医が3年間で1億円 既に修正申告(毎日新聞)

精神科医療の将来ビジョンの検討に向け始動−日精協・山崎新会長(医療介護CBニュース)

 日本精神科病院協会(山崎學会長)は、今後の精神科医療の在り方を検討する「将来ビジョン戦略会議」を設置するための検討を進めている。4月1日付で新会長に就任した山崎氏は8日、キャリアブレインの取材に対し、1年ほど前から同会議の構想を持ち、「自分が会長になったら、これをぜひしたいと思っていた」と語った。

 山崎会長によれば、戦略会議は50人程度の規模となる見込みで、半数は協会外で構成する考えだ。初会合は6月を予定しており、月に2回程度のペースで来年の1、2月まで議論し、3月に精神科医療の短期・中期・長期政策ビジョンを報告書としてまとめる方針だ。
 山崎会長は、2012年度の診療報酬改定のツールとして役立つよう、遅くとも来年の4月か5月までには報告書を厚生労働省保険局に提出する考えを示した。
 検討項目としては、▽急性期の精神科医療の在り方▽高齢者の精神科医療の方向性▽精神療養病棟を含めた慢性期の精神科医療の在り方▽地域での精神科医療の展開―などが挙がっており、各項目について10人程度の班をつくって議論する予定。

 山崎会長は、短期・中期・長期のビジョンをつくり、将来の医療提供体制のイメージを固めた上で、その実現に向けた段階的な構想を練る必要性を指摘。報告書について、「将来的に精神科医療は動いていくのだという、バイブルのようなものをつくりたい」と話している。


【関連記事】
次期会長に山崎氏を選出―日精協
来年度事業計画を決定―日本精神科病院協会
【中医協】精神病棟入院基本料、「13対1」新設で合意
精神医療に対する評価の検討を開始−中医協基本小委
精神医療検討会、報告書案を大筋で了承

<与謝野元財務相>離党届を提出 新党結成へ動き活発化(毎日新聞)
別の患者骨折疑い 元看護師を再逮捕(産経新聞)
<鳩山首相>6月訪中へ 上海万博出席、胡主席らと会談(毎日新聞)
ドライブレコーダー 全都営バスに導入へ(産経新聞)
大型車にひかれ母即死、抱いた1歳児は無事(読売新聞)

韓流ファン女性 韓国で行方不明 (産経新聞)

 【ソウル=水沼啓子】韓国を1人で旅していた韓流ファンの日本女性が、今年1月から失踪(しっそう)していることが30日、分かった。韓国警察によると、この女性は神奈川県藤沢市の無職、棚橋えり子さん(58)で、事故や事件に巻き込まれた可能性もあるとみて捜索している。

 棚橋さんは昨年12月28日に韓国入り。1月1日に北東部の江陵市を訪れ、午後7時ごろに市内の食堂に1人で立ち寄った。約1時間後に店を出た後、午後9時過ぎに友人にメール送信。その後、消息が途絶えた。

 帰国予定日の1月4日を過ぎても連絡がないため、家族が捜索願を出していた。棚橋さんは韓国語を少し話し、これまで何度も訪韓しているという。

<訃報>大澤利昭さん79歳=元東京薬科大学長(毎日新聞)
<ダイハツ>「タント」「ムーヴラテ」などをリコール(毎日新聞)
東大寺・筒井長老の本山葬、営まれる(産経新聞)
北海道4児死亡 車内に使い捨てライター、紙に引火か(毎日新聞)
竹島ヘリポート 韓国が大規模改修 周辺に基地 日本の対応不明(産経新聞)

福岡でも和解勧告=全国2件目−B型肝炎訴訟(時事通信)

 集団予防接種でB型肝炎ウイルスに感染したとして、患者と遺族らが国に損害賠償を求めているB型肝炎九州訴訟の進行協議が26日、福岡地裁であり、西井和徒裁判長は双方に和解を勧告した。全国10地裁で争われているB型肝炎訴訟で和解勧告が出たのは12日の札幌地裁に次いで2件目。
 札幌での勧告を受けて、全国弁護団はすでに和解に応じる方針を決定している。原告数は24日の追加提訴で419人まで拡大しており、国側の対応が注目される。 

【関連ニュース】
チッソも和解受け入れ表明=被告3者そろう
性同一性障害手術訴訟で和解=慰謝料330万、改善点も通知
熊本県も和解受け入れ=水俣病未認定患者訴訟
自立支援法訴訟、初の和解=原告「きょうからスタート」
LDH、旧経営陣と和解=賠償訴訟終結

<蘭越母子殺傷>被告が控訴 無期懲役判決に不服(毎日新聞)
郵政決着、小沢流戦術が影響 参院選にらみ「郵政票」に軍配(産経新聞)
<救急搬送>ライブ情報で殺到 女性3人病院へ 東京・原宿(毎日新聞)
亀井氏支持、閣内の異論に違和感…郵政政策会議(読売新聞)
ダイナマイト騒ぎで男を逮捕=京大病院に不審物−府警(時事通信)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。